So-net無料ブログ作成
検索選択

【ツイッターは革命というより日々の雑感まとめ】コグレマサト、いしたにまさき著「ツイッター 140文字が世界を変える」 [読書感想]

ツイッター140文字が世界を変える
 
 
 
 
 
今回は、 コグレマサトさん,いしたにまさきさんの共書ツイッター140文字が世界を変えるの感想を紹介します。
 
とりあえず、抜き書きしつつ、感想かきます。
 
 
 
目次
はじめに

ツイッター早分かりガイド

第1章 日本におけるツイッターの歴史
ツイッターとの出会い/2年前に第一次ブーム(2007年)/ツイッターで突発的な飲み会が開催される/2008年は、横ばいだった?/なぜ2009年になって再ブレークしたのか/携帯電話とツイッター/アイフォーンとツイッター、その高い親和性/2009年春先から、著名人がツイッターに参入/ビジネスや著名人の利用が目立ち始める(2009年5月)/IT系著名人が続々参加(2009年6月)/ファンタジスタ「@asahi」の登場/「@asahi」のフリーダムっぷり/ビジネスでの利用が活発化(2009年6月)/ビザビとツイッター/毎日新聞とツイッター/2009年7月―エポックメーキングな1カ月/フジヤカメラとツイッター/ツイッター小説の出現/勝間和代がツイッターを始める/冬の女王・広瀬香美、夏にツイッターを始める/広瀬香美と「ヒウィッヒヒー」/「ビバ☆ヒウィッヒヒー」誕生/ツイッターでスポーツ中継する「スポルタァァァ!」/ツイッターと政治

第2章 ツイッターとは何か?
ツイッターは分かりにくい?/ツイッターは誰が作ったのか?/ツイッターはいつ作られたのか?/なぜ140文字なのか/140文字というコンテンツの単位/「フォロー」と「フレンド」は違う人が先か、情報が先か/タイムラインとは/ツイッターがオープンであることの意味/リプライとリツイート/リプライとは/リツイートとは/ハッシュタグとは/公開か非公開か/ミクシィとツイッター/ツイッターはよりダイレクトなサービス/セカンドライフとツイッター/ツイッターはこのまま普及するのか? 化けるのか?/ツイッターは「情報フィルター」そのもの

第3章 ツイッターを楽しむためには?
ツイッターに決められた使い方はない/情報との距離が近いツイッター/利用頻度の高いツイッター/使い方は人それぞれ/ツイッターはプラットフォーム/とりあえず「おすすめユーザー」をフォローしてみる/まずは知人がいればフォロー/知らない人でもとりあえず100人くらいフォロー/同じタイムラインは二つとしてない/ツイッターの三カ条/月面にいるようだ/ボットもフォロー/時事ニュース、ニュース速報もボットで/ツイッターを利用する二つのスタンス/醍醐味はコミュニケーション/何が面白いのか/「つぶやきを非公開」はもったいない/ツイッターは世界に開かれた窓/つぶやいてはいけないこと/どのくらいの頻度でつぶやいているのか/クライアント・ソフトを活用する/ブログの更新情報の配信先として利用する/ツイッターを利用した周辺
サービス/それでもやっぱり向き不向きがある

第4章 ツイッターをビジネスで活用する
ビジネスにツイッターを活用することができるのか?/ブログもそうだった/ツイッター・ユーザーは「量」より「質」/企業がツイッターを始めている事例/ポーケン・ジャパン(Poken Japan)/ビザビ/フジヤカメラ/毎日jp/ヤフー・ショッピング/広瀬香美さんに、ツイッターでインタビュー!

第5章 ツイッターの今後
ツイッターの価値の変化?/なぜツイッターはここまで成長してきたのか?/ツイッターと連携するモバイル端末/ツイッターと実況中継の相性の良さ/ツイッターと検索/グーグルからの買収話を断った/なぜグーグルがツイッターを恐れるのか/日本での今後の展開は?/ツイッターにおける欧米と日本の文化的な差異/日本語に有利なツイッター/日本の携帯電話での展開/試練を受けるツイッター/ユーザーに愛され続けるツイッター/ネットを通じた社会実験としてのツイッター/フォローとフォロワーズの関係/情報を出していく人がより面白いことになっていく社会/ツイッターは自分の人間力の鏡である/ツイッターはツイッターでしかない
14年かかってネットはついにここまで来た

おわりに

参考URL一覧
ツイッターを便利にするウェブ・サービス
ツイッターを便利にするクライアント・ソフト
おすすめボット
 
 
抜き書き
 
p72 フレンドの場合、まず、「人」を登録して、その後その人が何をあなたにもたらすかを判断することになります。しかし、フォローの場合、自分にとって面白い、興味のあるコンテンツが先にあり、それを「発言」している人をフォローするわけです。
p74 つまり、人間関係を可視化するのがフレンド機能であるとすれば、フォローは自分本位で情報に触れる機会を増やすための機能と考えていい、ということです。どちらも人を共有するので、一見似ていますが、自分の立ち位置が全く違います。
 
ジブンはmixiをやっていなおいので、フレンドの感覚がイマイチわからない。mixiをやってる人の話を聞いていると、表面的なイメージとしては、なんかガッコとか、職場とかの友人など身内だけで、話題を共有している感じがする。ブログよりも閉鎖的な感じかな(mixiもブログには違いないが、会員しかみれないというイミで)。
 mixiと違い、誰もがみれるブログ(本ブログのようなブログ)は、開放的だけど、情報を共有するというよりはブロガーが情報を与えるという場合が多い感じ。ジブンは、100以上のブログをRSS登録して閲覧してる(これは多いのかな?)が、やっぱり、コメントとかトラックバックをわざわざしようと思うことは少ない気がする。(ブログ始める前なんてコメントとかしたことなかった)
 ブログよりも、コメントというか返信・RTしやすいのが、Twitter。というか、返信・RTしてなんぼかなと。とはいいつつもジブンはあんまりつぶやいてない(日に10いくかいかないかほど)。まぁ、このくらいがジブンらしくていいかな。ブログも2、3日に1回ほどの更新だし。それに、他のツイッターユーザーは、だいたい携帯からのつぶやいてることが多いみたいだけど、基本ジブンは、PCからつぶやいてるんでつぶやきが少ないのかな?あと、ブログだとしづらいけど、Twitterだと、ブログ記事に対するコメントをツイッターでつぶやくなんてことが気軽にできてしまう。
 
 
p144 ツイッターのメリットは?
  • 情報の流れの早さ
  • レスポンスの早さ
  • ユーザーとの密なコミュニケーション
  • カジュアルなコミュニケーション
  • 運営側が単なる法人としてではなく、運営している従業員個人の温度をお客さまに伝えることができるツール
これは、PokenJapan(ここからフォロー)の古谷さんへのインタビューで、ツイッターのメリットに対して答えているトコを抜いたものです。
企業にかかわらず、ツイッターユーザーにとってもツイッターの利点をかなり的確に表現されてる気がする。
企業とかがフツーに日常のことをつぶやいてると、近く感じるのは
妙に凝ったサイト(フラッシュとか使った重いのなんてサイアク)をつくって宣伝をするよりはツイッターでつぶやいた方が評判が良くなること間違い無しだと思う。まぁ、大企業になってしまうと、企業ブランドとかあって難しいかもしれないけど。SUBWAY(ここからフォロー) なんかは、うまいことやってるなぁ、と感心。
 
 
p201 余談ですが、本が好きな人にとっては、ツイッターとタイムラインとつぶやきとユーザーという関係は、本と書店と書棚と書店員にたとえてみるとわかりやすいかもしれません。
 
つまり、同じ書棚の書店がないように、同じタイムラインを持つユーザーもおらず、それぞれ個性があるということです。二度目でくどくなってしまいますが、ジブンもマイペースにブログもツイッターもやっていこうと思います。
 
 
追記して本著にはいろんなツイッターウェブ・サービスやクライアント・ソフトが紹介されてます。
 
 自称フリーソフト研究家としては、ここを取り上げないわけにはいかないわけで。でも今回はあくまで、読書感想なので軽く紹介します。本著に使ったことがあるのは、次の二つ
  • TweetDeck(勝間さんオススメのクライアントソフト、おそらく日本語非対応)
  • Ustream(つぶやきながら、動画中継が見れるサイト)
TweetDeckは勝間さんのブログから知ったのだが、なんかジブンには合わなかった。つぶやきが更新されるたびに知らせられるのがジブンにはウザったかったので、今は使用してないです。
Ustreamは、この前の「仕分け」で、かなりお世話になりました。一日中「仕分け」の様子を見たり、たまにつぶやきながらジブンの実験をしてました。テレビのニュースだと、蓮舫さん(ここからフォロー)ばかりがしゃっべってるように見えるんですが、思ってるほど発言してないんですよね。でも、スパコンでの発言は理系のジブンとしては、やはり失言だったかなと思います。ガッコでも話題になりました。上司は科研費削られたらどうしよう、なんて言ってました。
 
本著にはなかったんですが、FirefoxやChromeなどブラウザ専用のツイッたー補助ソフトがあります。最近はchrome使ってて、Chrome Birdがかなりベンリです。ここらについては、亀吉さん(ここからフォロー)のブログ「二十歳街道まっしぐら」のChromeユーザにおすすめのTwitter関連Extensions4つまとめが参考になりますよ。
 
 こんなトコで今回の読書感想もおわり。ジブンも低頻度でつぶやいてるのでよろしければフォローしてやってくださいな。二階堂紅〇のフォローはここから。右のニコ動風ツイッター連動ブログパーツからもフォローできます。なおブログにおなじようなサイドバーを付けたい方はここからどうぞ
 
最近は、寝る前に図書館で借りてる塩野七生さんのローマ人の物語(1)塩野七生『ローマ人の物語』スペシャル・ガイドブックを参考にしながらよんどります。読む前は小説だと思ってたんですが、歴史書に近い気がします。(小説として分類されてるようですが)
 

 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Powerd by NiTwPress
青・・・実例・事実
赤・・・著者の主張
緑・・・自分の思考のキッカケ
モバイルSEO
あわせて読みたいブログパーツ スペ シャル応援バナー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。